医師転職の方法

医師の転職について知ろう

Home > 行政機関

医師の働く場所に病院以外に行政機関もあります。具体的に、保健所や厚生労働省などです。
保健所は法律によって、医師の勤務が義務付けられています。保健所の所長は医師が就くことが多いです。

保健所でのお医者さんの仕事は、治療ではなく、監督、管理、指導が主になります。行政機関で働くお医者さんは公務員扱いになります。
年収だけでなく、住宅や、年金の積立金など、福利厚生も充実しています。保健所のお医者さんの求人は、都道府県や市町村のホームページや広報誌などに記載されていることが多いです。

民間病院のように、当直もなく、土日に休める、行政機関のお医者さんの仕事は、人気が高いです。
応募しても、競争率が高く、簡単に採用されるわけではありません。行政が運営する病院に勤務するお医者さんは公務員扱いになります。
民間の病院に比べると、年収、ボーナス、住宅、年金の積立金など、様々な面で優遇される傾向が高いです。

しかし、公務員扱いである常勤のお医者さんは、民間病院のお医者さんと違い、アルバイトができないというデメリットがあります。
ただし、行政が運営する病院でも、非常勤のお医者さんはアルバイトができます。非常勤のお医者さんは、公務員としての待遇はありません。
転職エージェントにも、求人が掲載されることがあるので、転職を考えている人は、登録しておくと、最新の情報が入りやすくなるでしょう。